JONAI SQUAREの商品紹介 2

森山声望所の始まりは1920年(明治38年)前後。麦藁帽子専門の工房として小城市の牛津町で創業、親子3代に渡り、昔ながらの製法で麦わら帽子を作っています。
麦を編み込んだ麦紐を糸巻状にミシンで縫い上げ、プレス加工を施す、Made in SAGAの逸品。専門の工房は九州では森山制帽所ともう1軒のみ!手作りの麦わら帽子は希少なんです。そろそろ日差しが強くなってくる季節、一味違う森山制帽所の麦わら帽子で夏を先取りしてみませんか?


麦をぐるぐる縫い上げる。森山製帽所の麦わら帽子作りに潜入。(森山製帽所 前篇)
https://editors-saga.jp/editors/rwatanabe/20170703_41.html
ミシンと真田紐が出会って生まれた、麦わら帽子。作り続けてきた3代分の思い。(森山製帽所 後編)
https://editors-saga.jp/editors/rwatanabe/20170726_64.html